スポンサーサイト

  • 2010.01.31 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


相変わらず、日中は晴れると暑いですね

 健康のことを考えて、厚い昼間は、上着を1枚

脱いで作業をします。


あさの冷え込みに合わせて上着を着込んでいると

昼間は、知らない間に汗がびっしょりです。


風邪をひかないようにしたいですから、


これは晴れた日だけですよ!

それでは

が、見える事のすばらしさを毎日、感じていますか?の健康は、物が見えてあたりまえ


という感じでないでしょか、毎日、に感謝しましょうね。


そしてたまには、意識して休ませてあげてください。






数年前、外を見ると、常に虫、藪蚊が飛んでいるようにみえました。おかしいなという事で、


科へ行った覚えがあります、知人、家族に相談すると、そのまま放置していると、


網膜剥離になり、失明してしまう。と脅かされやむなく、病院へ行ったと思います。




かなり怖い思いをして、検査しました。左右の片方ずつ、2日に分けて行いました。


結果は、飛蚊症(ひぶんしょう)と診察され、とりあえず、その現時点での治療は、


必要ありませんでした。

睡眠の・・・

睡眠
中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の
注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味
のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に
よって容易に覚醒する。
このため睡眠
と意識障害とはまったく異なるものである。


またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、
睡眠
に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。


睡眠
目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く
関わっているとされる。


下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する
放出間隔は睡眠
によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の
成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は
睡眠時に
特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが
あるが、完全に解明されていない部分も多い。


短期的には睡眠
は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、
完全に睡眠
を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな
かった場合よりも短い。


ヒトの睡眠

ヒトに必要な睡眠
量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。

統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。
睡眠が不足した
場合に最も影響のある精神活動は集中力である。
計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。

睡眠
取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や
精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。


そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温
の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に
寝室を暖かくすることが有効である。

また睡眠
にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体
で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。


ヒトの睡眠は、
脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。

成人はステージI〜REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。
入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。

入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する
レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは
独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低
周波で同期して活動する。


ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、
低振幅の電位がみられる。

ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。

ステージII 脳波上、睡眠
紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波
が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。

レム (REM) 睡眠 急速眼
球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる

睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。

この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。
レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。


急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する
運動ニューロンの働きが抑制されているためである。
人間では、6 - 8時間の睡眠
のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。

1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと
ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

睡眠をする

睡眠
中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の
注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味
のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に
よって容易に覚醒する。
このため睡眠
と意識障害とはまったく異なるものである。


またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、
睡眠
に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。


睡眠
目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く
関わっているとされる。


下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する
放出間隔は睡眠
によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の
成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は
睡眠時に
特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが
あるが、完全に解明されていない部分も多い。


短期的には睡眠
は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、
完全に睡眠
を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな
かった場合よりも短い。


ヒトの睡眠

ヒトに必要な睡眠
量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。

統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。
睡眠が不足した
場合に最も影響のある精神活動は集中力である。
計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。

睡眠
取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や
精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。


そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温
の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に
寝室を暖かくすることが有効である。

また睡眠
にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体
で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。


ヒトの睡眠は、
脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。

成人はステージI〜REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。
入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。

入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する
レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは
独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低
周波で同期して活動する。


ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、
低振幅の電位がみられる。

ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。

ステージII 脳波上、睡眠
紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波
が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。

レム (REM) 睡眠 急速眼
球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる

睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。

この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。
レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。


急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する
運動ニューロンの働きが抑制されているためである。
人間では、6 - 8時間の睡眠
のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。

1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと
ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

睡眠の科学

睡眠
中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の
注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味
のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に
よって容易に覚醒する。
このため睡眠
と意識障害とはまったく異なるものである。


またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、
睡眠
に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。


睡眠
目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く
関わっているとされる。


下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する
放出間隔は睡眠
によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の
成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は
睡眠時に
特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが
あるが、完全に解明されていない部分も多い。


短期的には睡眠
は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、
完全に睡眠
を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな
かった場合よりも短い。


ヒトの睡眠

ヒトに必要な睡眠
量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。

統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。
睡眠が不足した
場合に最も影響のある精神活動は集中力である。
計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。

睡眠
取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や
精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。


そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温
の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に
寝室を暖かくすることが有効である。

また睡眠
にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体
で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。


ヒトの睡眠は、
脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。

成人はステージI〜REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。
入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。

入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する
レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは
独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低
周波で同期して活動する。


ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、
低振幅の電位がみられる。

ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。

ステージII 脳波上、睡眠
紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波
が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。

レム (REM) 睡眠 急速眼
球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる

睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。

この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。
レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。


急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する
運動ニューロンの働きが抑制されているためである。
人間では、6 - 8時間の睡眠
のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。

1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと
ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

睡眠のメカニズム

睡眠
中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の
注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味
のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に
よって容易に覚醒する。
このため睡眠
と意識障害とはまったく異なるものである。


またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、
睡眠
に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。


睡眠
目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く
関わっているとされる。


下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する
放出間隔は睡眠
によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の
成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は
睡眠時に
特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが
あるが、完全に解明されていない部分も多い。


短期的には睡眠
は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、
完全に睡眠
を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな
かった場合よりも短い。


ヒトの睡眠

ヒトに必要な睡眠
量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。

統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。
睡眠が不足した
場合に最も影響のある精神活動は集中力である。
計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。

睡眠
取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や
精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。


そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温
の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に
寝室を暖かくすることが有効である。

また睡眠
にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体
で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。


ヒトの睡眠は、
脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。

成人はステージI〜REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。
入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。

入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する
レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは
独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低
周波で同期して活動する。


ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、
低振幅の電位がみられる。

ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。

ステージII 脳波上、睡眠
紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波
が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。

レム (REM) 睡眠 急速眼
球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる

睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。

この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。
レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。


急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する
運動ニューロンの働きが抑制されているためである。
人間では、6 - 8時間の睡眠
のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。

1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと
ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

睡眠の十分に

睡眠
中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の
注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味
のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に
よって容易に覚醒する。
このため睡眠
と意識障害とはまったく異なるものである。


またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、
睡眠
に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。


睡眠
目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く
関わっているとされる。


下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する
放出間隔は睡眠
によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の
成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は
睡眠時に
特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが
あるが、完全に解明されていない部分も多い。


短期的には睡眠
は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、
完全に睡眠
を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな
かった場合よりも短い。


ヒトの睡眠

ヒトに必要な睡眠
量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。

統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。
睡眠が不足した
場合に最も影響のある精神活動は集中力である。
計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。

睡眠
取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や
精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。


そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温
の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に
寝室を暖かくすることが有効である。

また睡眠
にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体
で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。


ヒトの睡眠は、
脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。

成人はステージI〜REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。
入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。

入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する
レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは
独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低
周波で同期して活動する。


ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、
低振幅の電位がみられる。

ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。

ステージII 脳波上、睡眠
紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波
が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。

レム (REM) 睡眠 急速眼
球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる

睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。

この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。
レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。


急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する
運動ニューロンの働きが抑制されているためである。
人間では、6 - 8時間の睡眠
のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。

1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと
ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

睡眠の効果

睡眠
中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の
注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味
のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に
よって容易に覚醒する。
このため睡眠
と意識障害とはまったく異なるものである。


またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、
睡眠
に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。


睡眠
目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く
関わっているとされる。


下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する
放出間隔は睡眠
によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の
成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は
睡眠時に
特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが
あるが、完全に解明されていない部分も多い。


短期的には睡眠
は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、
完全に睡眠
を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな
かった場合よりも短い。


ヒトの睡眠

ヒトに必要な睡眠
量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。

統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。
睡眠が不足した
場合に最も影響のある精神活動は集中力である。
計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。

睡眠
取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や
精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。


そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温
の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に
寝室を暖かくすることが有効である。

また睡眠
にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体
で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。


ヒトの睡眠は、
脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。

成人はステージI〜REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。
入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。

入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する
レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは
独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低
周波で同期して活動する。


ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、
低振幅の電位がみられる。

ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。

ステージII 脳波上、睡眠
紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波
が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。

レム (REM) 睡眠 急速眼
球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる

睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。

この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。
レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。


急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する
運動ニューロンの働きが抑制されているためである。
人間では、6 - 8時間の睡眠
のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。

1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと
ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

睡眠を考えて

睡眠
中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の
注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味
のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に
よって容易に覚醒する。
このため睡眠
と意識障害とはまったく異なるものである。


またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、
睡眠
に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。


睡眠
目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く
関わっているとされる。


下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する
放出間隔は睡眠
によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の
成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は
睡眠時に
特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが
あるが、完全に解明されていない部分も多い。


短期的には睡眠
は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、
完全に睡眠
を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな
かった場合よりも短い。


ヒトの睡眠

ヒトに必要な睡眠
量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。

統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。
睡眠が不足した
場合に最も影響のある精神活動は集中力である。
計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。

睡眠
取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や
精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。


そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温
の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に
寝室を暖かくすることが有効である。

また睡眠
にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体
で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。


ヒトの睡眠は、
脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。

成人はステージI〜REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。
入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。

入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する
レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは
独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低
周波で同期して活動する。


ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、
低振幅の電位がみられる。

ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。

ステージII 脳波上、睡眠
紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波
が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。

レム (REM) 睡眠 急速眼
球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる

睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。

この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。
レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。


急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する
運動ニューロンの働きが抑制されているためである。
人間では、6 - 8時間の睡眠
のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。

1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと
ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

睡眠を学ぶ

睡眠
中は刺激に対する反応がほとんどなくなり、移動や外界の
注視などの様々な活動も低下する。一般的には、閉眼し意味
のある精神活動は停止した状態となるが、適切な刺激に
よって容易に覚醒する。
このため睡眠
と意識障害とはまったく異なるものである。


またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、
睡眠
に夢と呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。


睡眠
目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く
関わっているとされる。


下垂体前葉は、2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する
放出間隔は睡眠
によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の
成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は
睡眠時に
特に促進される。その他、免疫力やストレスの除去などが
あるが、完全に解明されていない部分も多い。


短期的には睡眠
は栄養の摂取よりも重要である。ラットを用いた実験では、
完全に睡眠
を遮断した場合、約10 - 20日で死亡するが、これは食物を与えな
かった場合よりも短い。


ヒトの睡眠

ヒトに必要な睡眠
量には個体差があり、6 - 8時間の場合が多い。

統計的には7時間の場合に平均余命が最も長くなる。
睡眠が不足した
場合に最も影響のある精神活動は集中力である。
計算能力、記憶能力、連想能力などはあまり低下しない。

睡眠
取りやすさにも個体差がある。さらに、入眠時の身体状態や
精神状態、外部環境に依存するため、睡眠が取りやすかったり、睡眠が取りにくいなど、同一個体でも状態による差が大きい。


そのため、睡眠を快く取る為の安眠法が幾つも発明されている。後述する入眠ニューロンは体温
の上昇によって活動が亢進するため、入眠前の入浴や入眠時に
寝室を暖かくすることが有効である。

また睡眠
にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体
で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。


ヒトの睡眠は、
脳波と眼球運動のパターンで分類できることが知られている。

成人はステージI〜REMの間を睡眠中反復し、周期は90分程度である。
入眠やステージI - IVとレム睡眠間の移行を司る特別なニューロン群が存在する。

入眠時には前脳基部に存在する入眠ニューロンが活性化する。レム睡眠移行時には脳幹に位置する
レム入眠ニューロンが活動する。覚醒状態では脳内の各ニューロンは
独立して活動しているが、ステージI - IVでは隣接するニューロンが低
周波で同期して活動する。


ステージI 傾眠状態。脳波上、覚醒時にみられたα波が減少し、
低振幅の電位がみられる。

ステージI - IVをまとめて、ノンレム睡眠と呼ぶ。

ステージII 脳波上、睡眠
紡錘 (sleep spindle) がみられる。 ステージIII 低周波のδ波
が増える。20% - 50% ステージIV δ波が50%以上。

レム (REM) 睡眠 急速眼
球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる

睡眠である。脳波は比較的早いθ波が主体となる。

この期間に覚醒した場合、夢の内容を覚えていることが多い。
レム睡眠中の脳活動は覚醒時と似ており、エネルギー消費率も覚醒時とほぼ同等である。


急速眼球運動だけが起こるのは、目筋以外を制御する
運動ニューロンの働きが抑制されているためである。
人間では、6 - 8時間の睡眠
のうち、1時間半 - 2時間をレム睡眠が占める。記憶の固定にレム睡眠が必要だという説に対しては、支持しない証拠が多い[1]。

1953年にシカゴ大学のナサニエル・クライトマンと
ユージン・アゼリンスキーがレム睡眠の存在を発見した。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM